独立開業の手引き 起業で失敗しないための心得

リアル独立開業者の直接運営によるサイトです

 

平成23年8月、旧サイトから移転。その後サイトを一新し運営をしておりましたが、使っていたホームページ作成ソフトの会社が潰れたので、サイト作成ソフトを変更し、2017年7月にデザインを一新しリニューアルオープンしました。記事数がまだまだ少ないですが、これからどしどし埋めていきます。
 よくありがちな、付け焼刃の「情報サイト」とは違い、当サイトは独立開業歴10年以上に渡る筆者のリアルな失敗体験や貴重な成功体験を織り交ぜながら記事を構成していきます。小さな成功もありましたが、失敗もたくさんありました。なんだかんだで今でも潰れず「独立開業者」を続けられています。
「成功」にはまだまだ遠い道のりですが、皆さんに役に立つと思ったことがあればこのサイトの中に記事として追加していきたいと思います。

 

筆者の魂を込めた真・独立開業サイトはここだけだという自負があります。ブックマークをお忘れなく。

 

独立開業の手引き 起業で失敗しないための心得

 

当サイト筆者の基本的な考え

 

店舗型の独立開業は素人が手を出すにはギャンブル性が高すぎて危険である。

 

このサイトでは、比較的リスクの少ない独立開業のみを取り上げていきます。少ない資金で、なおかつ、自宅でも開業可能な職種がメインです。

 

例えば、「お店を持つ」という独立開業の場合には、計り知れないリスクがあります。借金を抱えて廃業のうえ、一家離散という可能性のある「独立開業」は、このサイトではなるべく取り扱いません。

 

では、リスクが少なく、小資本で始められる「独立開業」には、いったい何があるのでしょうか?

 

少しばかり例を挙げてみると、それは「インターネット開業」「資格を取って事務・法務系の事務所を開く」といったものが考えられます。これらのお仕事は、土地を借りて店舗を構える必要がなく、家賃の安い小さな事務所を借りるか、それが難しくても自宅の一室で仕事に取り組むことも可能です。

 

最初は自宅兼事務所のスモールオフィスで小さく始めて大きく育てる。そのような事業開始がリスクが少ないのではないでしょうか。当サイトの管理人は、現実に平成12年に行政書士という国家資格を取得して、翌年事務所開業を達成しております。

 

法律系国家資格事業の場合は、自宅兼事務所で始められるため、確かに、リスクの少ない事業形態であることは、間違いありません。ただし、資格取得の難易度はそれ相応に高いため、資格を取ること自体が、ある意味「リスク」であるかもしれません。

 

ジェームス・スキナー「成功研究会」CDが無料!

 

 

インターネットの副業と言えば「アフィリエイト」が最も有名で代表的な手法ですが、当サイトをご覧いただくような方なら必ず一度は目にしたことのある言葉でしょう。果敢にアフィリエイトに取り組み、成果を出せないまま脱落。そのようなパターンが大部分を占めていると思われます。これは当然のこと。アフィリエイトで結果を出すには、かなりの時間がかかるため、大部分の挑戦者は「あー、やっぱりネットで稼ぐのなんて無理。」と挫折するのです。筆者も経験者なのでよーく分かります。インターネットでアフィリエイトは本当に稼げるのか?ということについて調べると、本当に山のような情報がヒットしますね。「アフィリエイトはめちゃくちゃ稼...
2017/07/29 08:09:29 |
筆者プロフィールの項や、独立開業に向いている人の項でもこのことに少し触れていますが、成功している起業家は、おしなべて読書量が多いものです。では、どのような書籍が良書なのか知りたい。このサイトをご覧の方にはそのような要望が多いだろうと勝手に決め付けて、筆者がこれまで読んだ書籍のレビューをこのページに掲載したいと思います。なんせ、レビューを書くためには、かなり前に読んだため、簡単に読み直す必要があるものもあり、その本を探す手間などいろいろと準備が必要となってきますので、実際のレビューはしばらくお待ちください。選ぶべき本の選定にも時間を割きたいからです。定期的に追加更新していきますので、このサイトを...
2017/07/29 07:56:29 |
当サイトごご覧の皆様へ、無料プレゼントまたは特別価格の限定教材のご案内を致します。下記にご紹介する書籍、CD、dvdなどの著作物は当サイトが直接配布するものではなく、ダイレクト出版株式会社によって提供されるものです。お間違いのないようご了承ください。<無料>成功者のカンニングペーパー「7つの習慣」を日本に広め150万部を超えるベストセラーに。経営コンサルタントとして100社以上の大企業や政府機関を指導。その後2つの金融グループを設立。世界35カ国にその事業を広げ、20社以上の企業経営に携わっている。アメリカ人なのに、日本語が日本人よりも上手い(笑)彼の名前はジェームス・スキナー。そんな彼が10...
2017/07/28 21:47:28 |
1971年生まれ、男性 1995年、大学卒業。 2001年、2000年度行政書士試験に合格し、独立開業を果たす。 2007年、行政書士事務所運営の傍ら、インターネット事業他の業種への参入を図る。 2008年、行政書士業務の事業縮小とともに、ウェブマーケティング等、他独立開業系の業務に重きを置くようになってくる。 2010年、事業により多くの成果を収めるが、まだまだ成功への道のりは遠い。 2011年、成功者への道のりがより明確に見えるようになる。小サイト「独立開業の手引き」を開設し、現在に至る。成功を勝ち取りたい独立開業志望者へのメッセージ インターネットが当たり前のように利用されるこの時代にこ...
2017/07/28 21:39:28 |
相互リンクサイト様超初心者でも成功する飲食店経営!!完全初心者でも、飲食店経営を成功させるコツは? お客さんの増やし方、ライバル店に負けない方法、常連さんの作り方など、勝てる経営術を徹底的に解説独立開業大失敗〜失敗は成功の元〜このサイトはこれから「独立開業を目指す方」・現在「経営が思わしくない方」ための応援サイトです。管理人である私の飲食店経営の失敗談も載せていますので参考にしてみて下さい。独立・起業 独立開業・起業支援経験者が語る異業種からの独立開業・起業ノウハウと、アイデアや事例を解説。独立開業で成功するヒントが満載です。起業する.com起業するにはどうすればよいか?起業の仕方.net成功...
 行政機関に対する申請手続を依頼者の代理人となって行うのがメインの仕事です。漫画「カバチタレ」のように民事事件に介入して弁護士のごとき振る舞いで事件を解決するようなお仕事は、現実にはあまり無いとお考えください。ただし、内容証明書の作成・通知など、依頼者に代わって民事事件などの書面作成手続を代わって行うことは可能ですが、業務の種類としては、これはあくまで書類の作成手続代理、代行の範疇になります。難易度 法律系資格の中では、比較的取得しやすい資格だとされていますが、大きな勘違いをされている人が多いです。比較的取得しやすいというのは、あくまでも「法律系の資格の中で」という大前提があります。そもそも、...
並べて書いておりますが、税理士と公認会計士は全くの別モノです。ですが、この二つの資格業務は共通するところが多いため、まとめて説明したいと思います。 簡単に違いを説明すると、税理士は他人の依頼を受けて代理人として税務申告を行うのがメイン業務です。一方、公認会計士は会計の監査を主に行います。ヤフー知恵袋に分かりやすい質問と回答がありましたので、ご紹介させていただきます。税理士と公認会計士の違い難易度 ともに難関資格ですが、公認会計士の方がより難易度が高いと言えるでしょう。なお、公認会計士は税理士として登録すれば税理士を名乗ることができ、税理士業務を行うことができますが、逆に税理士は公認会計士になる...
司法書士とは何か?ということについては、このサイトで詳細に説明するよりも、他のサイトにもっと詳しい情報がありますので、ここでは割愛します。 インターネットの百科事典として超有名なウィキあたりでもご覧いただければ丁度良いかと思います。 私から見ても、まあだいたい間違った情報は無いと思います。参照リンク:司法書士とは(wikipediaより)難易度ハッキリ言って「超難関」レベルです。国立法学部クラスの法知識がある受験生でも、合格するのは至難の業です。司法書士の資格を取るには相当の覚悟が要ります。 ちょっと受けてみようという考えならば、絶対に手を出すべきではありません。喰える資格なのか? どのような...