独立開業の手引き 起業で失敗しないための心得

リアル独立開業者の直接運営によるサイトです



 

 

 

平成23年8月、旧サイトから移転。その後サイトを一新し運営をしておりましたが、使っていたホームページ作成ソフトの会社が潰れたので、サイト作成ソフトを変更し、2017年7月にデザインを一新しリニューアルオープンしました。記事数がまだまだ少ないですが、これからどしどし埋めていきます。
 よくありがちな、付け焼刃の「情報サイト」とは違い、当サイトは独立開業歴10年以上に渡る筆者のリアルな失敗体験や貴重な成功体験を織り交ぜながら記事を構成していきます。小さな成功もありましたが、失敗もたくさんありました。なんだかんだで今でも潰れず「独立開業者」を続けられています。
「成功」にはまだまだ遠い道のりですが、皆さんに役に立つと思ったことがあればこのサイトの中に記事として追加していきたいと思います。

 

筆者の魂を込めた真・独立開業サイトはここだけだという自負があります。ブックマークをお忘れなく。

 

独立開業の手引き 起業で失敗しないための心得

 

当サイト筆者の基本的な考え

 

店舗型の独立開業は素人が手を出すにはギャンブル性が高すぎて危険である。

 

このサイトでは、比較的リスクの少ない独立開業のみを取り上げていきます。少ない資金で、なおかつ、自宅でも開業可能な職種がメインです。

 

例えば、「お店を持つ」という独立開業の場合には、計り知れないリスクがあります。借金を抱えて廃業のうえ、一家離散という可能性のある「独立開業」は、このサイトではなるべく取り扱いません。

 

では、リスクが少なく、小資本で始められる「独立開業」には、いったい何があるのでしょうか?

 

少しばかり例を挙げてみると、それは「インターネット開業」「資格を取って事務・法務系の事務所を開く」といったものが考えられます。これらのお仕事は、土地を借りて店舗を構える必要がなく、家賃の安い小さな事務所を借りるか、それが難しくても自宅の一室で仕事に取り組むことも可能です。

 

最初は自宅兼事務所のスモールオフィスで小さく始めて大きく育てる。そのような事業開始がリスクが少ないのではないでしょうか。当サイトの管理人は、現実に平成12年に行政書士という国家資格を取得して、翌年事務所開業を達成しております。

 

法律系国家資格事業の場合は、自宅兼事務所で始められるため、確かに、リスクの少ない事業形態であることは、間違いありません。ただし、資格取得の難易度はそれ相応に高いため、資格を取ること自体が、ある意味「リスク」であるかもしれません。

 

ジェームス・スキナー「成功研究会」CDが無料!

 

テーマ概要

ここから下のスペースは、現在整備中です。ご不便をお掛けします。
左メニューから各ページへご移動願います。

 

 

誰も教えてはくれない独立開業の手引き

 

独立開業の準備
⇒気付いてからでは遅い独立開業の盲点
⇒独立開業では好きな仕事を業種にするべき
⇒事務所(事業所)に揃えておきたいもの

 

成功に必要なのは知識やテクニックではなく「マインド」

 

⇒独立開業に向いている人
⇒ノウハウだけでは成功しない
⇒がんばるのをやめると成功する?
⇒年収1千万を超えるために必要なこと

 

事業を軌道に乗せるための心得
⇒不得意なことは専門家に任せよう
事業の成功を加速させるには、何事も一人でやらずに専門的なことは外注したほうが効率的。

 

マーケティングと集客
⇒簡単作成のホームページで集客
・簡単に商用に耐えられえるプロ仕様の独自ドメインサイトを持つ方法

 

独立開業とSEO対策

 

法人化する必要はあるのか?

 

⇒収入による目安
⇒世間体と信用の問題
⇒会社設立手数料無料の落とし穴

 

許可や免許が必要な事業

 

⇒許可が必要な事業

 

⇒免許が必要な事業

 

 

インターネットを使った独立開業

 

ネットショップの開業・運営

 

⇒ネットショップ開業の魅力

 

⇒ネットショップの成功

 

⇒楽天市場に出店して成功

 

アフィリエイト

 

⇒アフィリエイトで報酬を得るための道のり

 

⇒簡単に稼げるというのは幻想である

 

ドロップシッピング

 

⇒アフィリエイトとは似て異なる

 

 

国家資格を取って独立開業
主に、個人で独立開業できる国家資格を取り上げます。宅地建物取引主任者やマンション管理士など、独立開業に不向きな国家資格はここでは取り上げません。

 

⇒独立開業ができる資格の例(国家資格)

 

司法書士、公認会計士・税理士、行政書士、社会保険労務士、土地家屋調査士 など

 

フランチャイズで独立開業

 

⇒フランチャイズに参入するという選択肢

 

⇒フランチャイズ経営のメリットとデメリット

 

⇒少ない資金で始められる車事業

 

特技を活かした独立開業

 

更新履歴